住宅デザイン

住宅の建設は一大事業


 住宅の建設は個人にとっては一大事業です。

今日では住宅展示場に行けば様々な展示住宅がありますし、
本屋さんでも多くの建築雑誌などで住宅が紹介されていてどれもこれも素敵に見えます。

あまり色々あって何をどう決めれば良いのか迷ってしまうかもしれませんね。

初めての住宅の建設は本当に分からないことだらけかも知れません。
サンプルは山程あって、そして住まい方は十人十色住宅の在り方も十人十色です。

 
しかし、
その住宅のデザインや造り方次第で住まわれる方の毎日が楽しくもブルーにも成り得ます。 
一大事業であるからにはぜひ
貴方に相応しい住宅を手に入れられてください。

そして
住宅の設計は貴方が主役です。
我々住宅の建設・デザインに関わる者は、その
主役である
貴方のお手伝いを致します。


‘いい家’が欲しい?

よく本や雑誌で「
‘いい家’が欲しい」というフレーズを見かけることがあります。

普通ですとすんなり
‘その通り’と納得されるフレーズなのですが、そこに落とし穴があります。
というのはこの
‘いい家’というのが人によって結構違うからです。

ある本ではその著者にとっては
‘いい家’というのは外断熱の家ということであったり、
また別の人にとっては
自然木で造った家ということであったりします。

同様の言葉に
‘住み心地のいい家’というのもありますね。

オープンプランがいいという人もいればそれだとプライバシイがないという方もいて
どうも
‘いい家’というのは人によってバラバラで一致しないようです。

なぜこういうことになるのかというと、
やはり
住まい方は十人十色、人それぞれで価値基準が違うからでしょうね。


自分にとって


‘いい家’‘住み心地のいい家’というのは?という問いかけ

がまず必要なようです。




Copyright(C)2012 HIDA・Planning System INC. All Rights Reserved.